葉物に多く含まれます

妊活するまで葉酸というのは、普段はあんまりききなれない言葉ですよね。

ですが、妊娠すると必ず耳に入る栄養素の名前で、母子手帳にもその摂取が必要だと記してあるくらい大切とされるビタミンなんです。

特に妊娠している女の人は、葉酸を意識しながら摂取することが、必要不可欠だと思います。

なぜなら、母体内の胎児の発育を促し、先天性障害の危険性を低くするために、葉酸は毎日欠かさず摂らなければならない栄養素だからです。

なるべく自然に食事から、栄養が摂取できるのがベストですよね。

しかし、そもそも葉酸は熱によって分解されやすい栄養素なので、葉酸を十分に摂ろうと思ったら、食事のみからだと大変なことが多いようです。

名前の通り、確かに葉酸は、ほうれん草やブロッコリーなどの葉物に多く含まれます。

マンゴーなども意外と葉酸が豊富で、私の妊娠がわかったのは、マンゴーの旬である夏だったので、お医者さんのすすめもあって、よく食べていました。

また、マンゴーは食物繊維もたくさん摂れるので、便秘にも良いようですね。

積極的にマンゴーを取り入れたいところですが、値段が高いので、そうやすやすと買えるものでもありません。

そこで、手軽に食べられる果物でいうと、イチゴやキウイなども葉酸が多く含まれているため、日頃から積極的に摂るようにしましょう。

とは言っても、食べ物で摂れる葉酸量はしれているので、葉酸が手軽に摂れる葉酸サプリを利用する人の方が多いと思います。

私の場合は、妊活中の頃からはぐくみ葉酸という葉酸サプリを飲んでいましたが、はぐくみ葉酸の効果もあって、すぐに妊娠することができました。

ちなみに、治療の中には、妊娠中には避けた方がよいものもあります。

何の関係もなさそうですが、妊娠と歯の健康とには、実は大変深い関係性があるそうです。

昨今の研究で、歯周病が早産や低体重児などの確率を高めていると言われています。

そのため、妊活をしている女性の中で、長い間歯科を受診していない方は、すぐに治療をうけた方がいいと思います。

それから、妊活中の喫煙は止めましょう。

もうご存知とは思いますが、煙草を吸う事で人体に有害な作用によって、健康な妊娠の支障になるケースがあります。

もちろん、喫煙の影響は女性だけの問題ではなく、男性にも該当します。

喫煙の影響による障害としては、女性は排卵障害、男性は精巣機能が低下するといった報告が実際にされています。

ですから、妊娠を願望している夫婦は、二人とも禁煙し、身近な人の副流煙も吸わないように注意することが必要だといえます。